読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご縁がご縁を呼ぶ、つながっていく旅

 

雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみかです。

 

昨日は、「現美新幹線」に乗って新潟市に行ったことについて書きました。

 

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

なんでそもそも新潟市に行ったのか、というと、移住1年目から親交がある千賀先生から、とあるイベントのお誘いをいただいたから。

千賀先生は、以前池谷集落で開催したヨガのイベントの講師として、何度かお越しいただいたことがあって、そのご縁で個人的にも仲良くしていただいています。

非常に多方面でご活躍の方で、最近では新潟県阿賀町の地域おこしにも力を入れているそうです。

 

2月28日は、千賀先生の還暦(全然見えないのに!)のお誕生日。

先生の「私、次の誕生日で還暦なんだよね~。何かやりたいな~」という何気ない一言がきっかけで、仲間の皆さんが「じゃあ交流会やろうよ!」「この会場でやろうよ!」「こんなことやろうよ!」と話が進み…。

なんと、本当に新潟市のホテルの宴会場に160人以上の参加者の方が集まって、大大大交流会!

千賀先生と仲間の皆さんの実行力に驚きました!

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170228173451j:plain

 

正直なところ、初対面の人がたくさん集まる場ってちょっと苦手なんです…。

一対一なら初めましての人とも気負わずにお話できるんですが、大勢の人を相手にすると、どう振舞っていいのか分からなくなっちゃうんですよね。

会話の始め方とか、加わり方が難しいっていうか…。

 

でも今回の交流会は意識の高い方たちの集まりだからか、大丈夫でした!

久しぶりにお会いする方もいたし、思いがけない嬉しい再会もあり、勇気を出して話しかけてみた方が十日町の出身と分かり話が盛り上がったりと、これから大事にしたいつながりができる機会になりました!

 

後で聞いたところによると、いわゆるお偉いさん(県議や町議たち)もいらっしゃったそうです。

ですが、よく会にありがちなお偉いさんの長いスピーチがある訳でもなく、参加者全員がフラットな関係になるよう主催者の細かい配慮が感じられました。

(スピーチも会の趣旨があってればよいのですが、今回はそういう趣旨ではなかったので)

本当に終始雰囲気のよい会で、主催者の皆さんが「やらされている感」ではなく、自分たちが楽しいからやっているんだ!という想いがにじみでていました。

私もイベントを仕掛ける側の人間なので、本当に勉強になりました。

 

いい会は、よいご縁を連れてきてくれます。

会の中で、千賀先生からこんなお誘いを受けました。

「明日、旦飯野(あさいいの)神社でさっきバイオリンを弾いた方が、奉納演奏をしに行くんだけど、今日泊まりなら一緒に行く??」

 

聞けば、旦飯野神社とは最近話題のパワースポットとのこと。

翌日は特に予定を入れていなかったので、これは行くっきゃない!と即「行きます!」とお返事。

しようと思えば十日町に日帰りもできたのですが、泊まることにしていたのは、こういうご縁があったからなのかな…と、不思議な気持ちになりました。

 

という訳で、翌日は千賀先生がホテルまで迎えにきてくださり、仲間の皆さんと合流して、阿賀野市の旦飯野神社に行ってきました!

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170228180347j:plain

 

白鳥が飛来する瓢湖(ひょうこ)にほど近い場所に、こじんまりとたたずむ旦飯野神社。

近くの田んぼには、ごはんタイムの白鳥さんたちがたくさんいました。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170228180536j:plain

 

こま犬さん…!萌

なんだか、隅々まで気遣いが感じられる素敵な神社です。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170228181007j:plain

 

細長い階段をのぼっていった先に、神殿があります。

ちょうどご祈祷をされていたのもあって写真はないのですが、厳かな雰囲気の場所でした。

そしてそこでバイオリンの奉納演奏に立ち会わせていただいたんですが、本当にとっても素晴らしかったです…!

こないだ、雪まつりの雪上カーニバルにも行ったし、なんだか音楽に縁があるような気がします。

 

たくさんパワーと刺激もいただけた二日間でした。

ぜひ千賀先生が関わっている阿賀町も、伺ってみたいなぁ~。

今回のご縁が末永く続くことを祈って!

 

==こちらの記事もオススメです==

 

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

yukifurusatonoyome.hatenablog.com