読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新「十日町きもの女王」は、可愛くて真面目な現役女子大生!

雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみかです('ω')ノ

突然ですが、「十日町きもの女王」ってご存知ですか?

十日町雪まつりの際に選ばれる、十日町観光大使さんたちです。なぜ着物かというと、十日町は織物業で栄えた着物のまちだから。

名前のとおりいつもあでやかな着物を着て、市内のイベントや姉妹都市のイベント等に参加されています。

kimono-queen.jp

 

今年の十日町雪まつりで選ばれた3人の「十日町きもの女王」のお一人、井口萌子さんが池谷集落に見学に来てくださいました。

実は、萌子さんのお父様とは前々から交流があり、池谷の活動を応援してくださっていました。

そんなご縁で、萌子さんは地域おこし活動に興味があるということで、池谷に来てくださいました。

 

6日の夕方に到着され、その日は池谷集落にある農家民宿「かくら」で夕飯をご一緒しました。

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143042j:plain

私が働くNPO法人の多田事務局長(右から2番目)も一緒に。

 

お父様が十日町のご出身で、萌子さんは中学生の時1年だけ住んだことがあるそうですが、その1年以外はずっと新潟市で育ったそうです。

でも、ご親戚は十日町に住んでいらっしゃるので、休みの時によく来ていたとのこと。

現在、東京の大学の新2年生なんですが、大学に進学して同級生は関東出身の子が多く、地方に行ったことがない人ばかりなのに驚いたそうです。

そんな地方を知らない大学生に、地方に目を向けてもらいたい!と思ったのが、「十日町きもの女王」に応募したきっかけだそうです。

 

…ていうか、なんという真面目ないい子…!!!(´;ω;`)

 

かわいいし、スタイルいいし、性格もいいしで、どうやったらこんな子に育つんだろう、とお父様に子育ての秘訣を聞きたいくらいです。マジで。

あ、つい取り乱しました…笑

 

もちろん、かくらさんのお料理はテッパンのおいしさ。そして量!笑

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143049j:plain

このおかずの量に、

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143054j:plain

これだけの蕎麦がついてくる…!!

言わずもがな、はらくっちゃく(お腹いっぱいに)なりました。

 

翌日の7日は、お父様はお仕事で朝には出発され、ちょうどNPOの会議があったので、オブザーバーとして萌子さんにも見学いただきました。

まぁ組織の会議なので分からないこともいっぱいあったと思いますが、会議後は農業のことなど質問もしてくれました。

 

…なんという真面目ないい子…!!!(´;ω;`)(2回目)

いやもうどうやったこんな子に育つのk(以下略)。

 

午後は、村の人のところで農作業を少し手伝ってもらったあと、私がよくお世話になっている高長醸造場さんと魚沼酒造さんに突撃訪問。

アポなしにも関わらず、どちらも快くご案内くださいました(いつもありがとうございます…!!)

 

高長醸造場さんは、みそやしょうゆ、漬物を作っている会社。

今の時期はみそを仕込んでいるということで、それっぽい香りがすごくしていました。

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143119j:plain

みそ樽の中を見せてもらう。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143129j:plain

高長の社長さんと。

 

「天神囃子」や「縄文の響」を製造している魚沼酒造さん。

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143205j:plain

酒造り会社さんは、とにかく衛生が命!!って感じですね。

酒つくりがない夏の時期は、掃除ばっかりしているそうです。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170408143217j:plain

魚沼酒造のおかみさんと。

偶然にも萌子さんと大学が一緒とのころで、大変話が盛り上がりました。

 

萌子さんにはぜひ、十日町にいいところをいっぱい知ってもらって、どんどんPRしてもらいたいですね!

これから着物の着方やマナーなどの研修があって、5月3日にある「十日町きものまつり」が活動デビューだそうです!

www.tokamachishikankou.jp

 

これからの活躍、応援しています(*´▽`*)