「魚沼の里」は食のテーマパーク! 日本酒好きにも、そうでない方にもオススメ♪

昨日雪を降らしまくってスッキリしたのか、今日は澄み渡る青空になりました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214210453j:plain

昨日のことは夢だったんじゃないかと思ってしまう、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

でもこういう美しい雪景色を見られるから、やっぱり雪は嫌いになれません。

今回は、そんな雪を上手に利用している「魚沼の里」をご紹介します!

 

雪は大変なばかりじゃない! 大切な資源でもあるんです。

今年は特に普段雪があまり降らないところで大雪に見舞われているので、雪の大変なところばかりフォーカスされている印象がありますが、昔から雪国の人たちは雪を資源とし、上手に付き合ってきました。

例えば、キャベツやにんじんをあえて雪の中で越冬させることで、新鮮なまま保存し、よりおいしく食べることができます。

十日町は着物の産地なので、織った布を雪の上において漂白するという「雪さらし」も行われてきました。

そして、冷蔵庫がなかった時代は「雪室(ゆきむろ)」を作り野菜を保管したり、夏場まで保存した雪で生鮮食品を冷やすこともしていました。

現在ではそういったことはしなくなりましたが、雪室は今でも存在します。

その雪室がある、十日町市のお隣・南魚沼市にある「魚沼の里」に先日行ってきました。

 

お酒がストレスフリーで保管できる「雪室」

f:id:yukifurusatonoyome:20180214210047j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180214212745j:plain

「魚沼の里」にある八海山雪室は見学ツアーも行っていて、当日申込制で参加することができます。スタッフの方が丁寧に説明してくださいました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214212907j:plain

雪室には2種類あり、直接雪の中に保管物をいれる「かまくら型」と、保管物と別の空間に雪を入れ冷気で冷やす「氷室(ひむろ)型」があるそうです。

昔は「かまくら型」が主流であったそうで、十日町にあった雪室の写真が展示してありました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214213414j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180214213417j:plain

雪室が生活に密着していたのが感じられます。

現在では、場所や効率性を考えて「氷室型」が主流となっていて、八海山雪室も「氷室方」の雪室です。

 

こちらが、雪室貯蔵している日本酒のタンクです。2万リットルのタンクが、20本あるそうです。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214213729j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180214213733j:plain

室内なのでもちろん太陽光や風を通さず、冷蔵庫のように振動もないので、お酒にストレスがかからないため、まろやかな味になるそうです。

お酒も人間同様、ストレスフリーが大事なんですね(笑)。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214214108j:plain

室内温度は、約3度。寒いように感じますが、最近マイナス気温を見慣れていたので、むしろ温かく感じます…笑。

一定の温度に保てるのも、雪室の良いところです。

雪室内では他にも、野菜やコーヒーなどが保管されているそうです。

 

そして、肝心の雪はお隣の空間に山となっていました!

f:id:yukifurusatonoyome:20180214214408j:plain

パッと見た感想は、「きたなっ!!」笑

雪は空中のチリを含んでいるので、溶けるとチリが表面に表れてこうなるそうです。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214214416j:plain

こちらの雪室では、約1000トンの雪を貯蔵できるとのこと。

雪は継ぎ足し継ぎ足し入れていくので、下の方には雪室ができた年である2013年の雪もあるそうです。地層ならぬ、雪層があるということですね(見分けはつかないだろうけど…)。

ちなみに、雪は「魚沼の里」の敷地内の雪をとってくるそうですが、昨年は雪が少なくて十日町からも雪を持ってきたそうです。十日町の雪が入っていると思うと、なんだか嬉しいですね笑。

 

試飲カウンターで、自分好みのお酒を見つけよう♪

雪室を出ると、ズラリと並んだ酒樽が。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214215805j:plain

こちらは、八海山焼酎の樽です。

そう、八海山というと日本酒のイメージですが、焼酎や梅酒、ビールといった他のお酒も製造しているんです! 最近では甘酒が大ヒットしていて、スーパーやコンビニにも置いてあります。

そんな様々な種類のお酒を試飲できるのが、こちらのカウンター。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214220204j:plain

ドライバーじゃないのをいいことに、めっちゃ試飲させてもらいました笑。

まず、先ほどの雪室で貯蔵されていた日本酒を試飲。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214220404j:plain

3年雪室で貯蔵したお酒は、確かに舌触りがまろやかでした! 飲み比べてみるとその差は歴然。

そして、私の大好きな梅酒を試飲…♡

f:id:yukifurusatonoyome:20180214220716j:plain

梅酒もなんと3種類もあります!

一番左の日本酒で仕込んだ梅酒は、すっきりとした味わい。真ん中の焼酎で仕込んだ梅酒は濃厚な味わい。一番右の焼酎仕込みの梅酒に、さらに梅ペーストを加えた「にごり」は、より濃厚な梅の味が楽しめます。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214221030j:plain

どれにしようか迷いましたが…。梅好きなので、「にごり」をお買い上げ! お湯割りにしてちまちま飲んで楽しんでおります♪

正直日本酒も焼酎も、知識はほとんどありませんでしたが、スタッフの方が丁寧に説明してくださったのでとても分かりやすかったです!

 

魚沼の里には、他にも楽しみがいっぱい! 

今回は雪室を中心にご紹介しましたが、魚沼の里には他にも色んな施設があります。

食堂も充実していて、「そば屋長森」「城内食堂 武火文化」「みんなの社員食堂」と3か所あります。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214221703j:plain

私たちは「そば屋長森」でおそばを楽しみました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214221737j:plain

 

食事の後は、「YUKIMURO CAFE」へ。

f:id:yukifurusatonoyome:20180214223533j:plain

ガンジー牛のミルクソフトクリームや、麹ラテなどをいただけます。

私は友だちオススメの、あまさけフルーツラッシーを注文!

f:id:yukifurusatonoyome:20180214223642j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180214223645j:plain

甘さスッキリで、デザート代わりにばっちりでした。

 

他にも、バームクーヘンなどを売っている「菓子処さとや」、オシャレなキッチン雑貨を販売している「okatte」、最近ではパン屋「さとやベーカリー」もオープンして、食のテーマパークといっても過言ではありません。

 

そして、八海山の麓という好立地なので、景色が最高に美しいです!

f:id:yukifurusatonoyome:20180214222156j:plain

日本酒好きはもちろん、ご家族連れもカップルも、誰でも楽しめる「魚沼の里」!

ぜひ休日に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魚沼の里

〒949-7112 新潟県南魚沼市長森

[営業時間] 10:00~17:00/[定休日]なし(元日のみ)

HP:http://www.uonuma-no-sato.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~

 

今日のえげつない雪との闘い…ジョセササイズの記録

今年の冬は、荒れる日と青空の日が交互にやってくるという、極端な雪の降り方が特徴です。

そして、今日は十日町市もえげつない雪の降り方でした!!

そんな中、普通に出勤した雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。 

とにかく今日は、この冬一番の降り方でした。そんな本日の戦いを記そうと思います。

 

私の職場は、標高300メートルにある池谷集落の旧分校。

道中の県道も、雪で真っ白しろ。池谷まであがる道もさらに真っ白しろ。

視界が白すぎて、ちょっと気持ち悪くなるくらい…。そして目が痛い痛い。

道路は早朝に除雪車が除雪しているにもかかわらず、私が出勤する10時頃にはすでにひざ下くらいまでの雪が積もっていました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230342j:plain

途中で車が進まなくなり、ちょっと焦りました…。(バックして、再度進んだら行けました)

そして、たどり着いたら車のフロント部分がこの有様。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230346j:plain

うーん、よくのぼれたな…。やっぱり雪国は四駆じゃないとですね。

 

職場はこんな状態でした。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230356j:plain

週末に屋根の雪下ろしをした雪も合わさって、すっかり一階が埋もれています。

そして雪の勢いは全く衰えないので、16時退勤のところを15時にあがらせてもらい、車に行ったらこんな状態に。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230407j:plain

見事に雪まみれ…。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230440j:plain

車高まで雪が…。

 

こんな状態になったら、どう車を出したらいいのか?

雪国生活7年目のやり方をご説明します。

まず、狭いところで車の屋根の雪下ろしをするのは大変なので、道に車を出します。

スコップで車の前の雪を除雪します。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230416j:plain

前へ進めるようになったら、慎重に車を道に出します。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230838j:plain

停めていた跡地。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230446j:plain

ちなみに、事務局長の家の前に停めさせてもらっています。

 

そして、車に積もった雪をスノーブラシでどけます。

落とした雪で前がつっかえそうなので、念のため少しバックしました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230858j:plain

ようやく、車の除雪完了です。所要時間17分ほど。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230908j:plain

 

帰りの道も、真っ白しろでした。

f:id:yukifurusatonoyome:20180213230920j:plain

まだ慣れた道なんでなんとか通りますけど、知らない道だったら無理だなー。

こういう日は本当は出かけないに限るんですけどね…。

今日の十日町は、24時間の降雪量が63センチで全国一番みたいです。

 

 

最後の力を振り絞ったかのような本気を出してきましたね…。

いやはや、今日はいっぱいジョセササイズさせてもらいました。

 

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~

 

着物のまちからリメイク着物の魅力を発信! 新春きものパーティー☆

いよいよ十日町の冬の一大イベント、十日町雪まつりが週末となり、雪まつりムードが高まってきた十日町です。私はと言うといたって通常モード、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

去年は雪上カーニバルに行ったり、ポップコーン売ったりと満喫しましたが…。今年はどうやって楽しもうかな~。

 

さて、十日町と言えば「雪」のイメージですが、着物の一大産地という魅力もあります。

しかし、着物を普段着として着ていたのは遠い昔…。現在ではどうしても敷居が高いものになってしまっています。

そんな着物をもっと気軽に、身近に楽しんでもらいたいと、着物のまち十日町で行われている「新春きものパーティー」。

今年もこの素敵なイベントがありましたので、ご紹介します☆

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

みんなが主役になれる! 魔法のような一夜

 新春きものパーティーでは毎年芸能関係の方をお呼びするのですが、今年は赤坂芸者の方々がお越しくださり、とっても素敵な踊りをご披露いただきました!

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180830j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180857j:plain

踊りやお衣装、小物についても詳しくお話いただいて、普段なじみのない世界をのぞける特別なひと時になりました。

ちなみにこちらで支度をするのは大変なので、東京からこの芸者さんの恰好でいらしたんだとか。新幹線に乗り合わせた方は驚いただろうな~笑。

左のいち晴さんは十日町出身の方で、たくさんの方が応援に駆けつけていました。

 

ちなみに私は昨年から司会として、関わらせていただいております!

去年はおとなしめのお着物でしたが、今年は実家から着物を送ってもらい少し華やかに。

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180958j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180904j:plain

脱女将を目指しましたが…どうだったかな…苦笑。

 

まぁ私のことはどうでも良いのですが。

きものパーティーの目玉は、市民モデルによるリメイク着物のファッションショー!

この日のために地元のママさんたちが中心になって、コツコツ作り上げたリメイク着物ファッションのお披露目です。

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180823j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180850j:plain

フォーマルからカジュアルなものまで幅広く、リメイク着物の可能性を感じさせてくれます。

 

そして、モデルになった市民の皆さんの、いきいきキラキラした笑顔がステージを盛り上げます!

市民モデルの方たちは、もう何年もやっている方も多く、毎年楽しみにしていらっしゃるとのこと。

本当~~~~に皆さん楽しそう!

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180816j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180820j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180842j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180834j:plain

 

そしてフィナーレは、ウェディングドレス! しかも2パターン!

最初はホームウェディングをイメージしたドレスとタキシード。

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180845j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180854j:plain

 

そして、華やかなウェディングドレス!

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180827j:plain

ブーケトスのパフォーマンスも!

f:id:yukifurusatonoyome:20180211180838j:plain

 

見ている方も自然と笑顔になる、素晴らしいイベントです!

こんな素敵なイベントに関われて、本当に本当に嬉しいです^^

大きなホールでやるのは今年で一区切りで、今後はもっとファッションを近くで見ていただけるような規模感にして、続けていくそうです。

お着物に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ次回のファッションショーを見ていただきたいな~と思います☆

 

photo by 高橋剛、服部悠希

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~