「大地の芸術祭2018」開催まであと少し! 見どころは? 楽しみ方は?

皆さまは、今年の夏は何を楽しみにしていますか?

海? 花火? 旅行??

夏の楽しみはたくさんありますが、今年の十日町の夏は、なんといっても「大地の芸術祭」!!

今からワクワクが止まらない、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

 

大地の芸術祭」とは?

f:id:yukifurusatonoyome:20180619204041j:plain

3年に1度、越後妻有(つまり)地域(十日町市津南町)で開催される、世界最大級の国際芸術祭です。

美術館に所蔵された作品を見るのではなく、野外に点在した作品をめぐる芸術祭は、現在日本全国で行われていますが、「大地の芸術祭」は2000年から開催されている芸術祭の先駆け。

国内はもちろん、海外からも大勢の方が訪れる十日町市のビッグイベントです!!

 

今年の「大地の芸術祭」は何が見どころ?

f:id:yukifurusatonoyome:20180619204549j:plain

先日、「大地の芸術祭2018」の企画発表会が十日町市で行われました!

総合ディレクターの北川フラムさんから新作や注目作品の発表があり、大変わくわくする内容でした。

 

中でも一番の見どころは、企画展「方丈記私記」!

越後妻有里山現代美術館「キナーレ」の回廊に27個の「四畳半」の空間が並びます。

 

なぜ四畳半かというと、中世という動乱の時代を生きた鴨長明が、四畳半の庵に住みながら「方丈記」の中で小さな場所から世の中を見つめたことに基づいているそうです。

グローバル金融資本主義の影響を受け、効率化・合理化・均質化という価値観が美術や建築にも展開し、その際たるものである「四畳半」を逆手に取り………

ということですが、まぁぶっちゃけ難しいことはよく分からない笑

 

とにかくすごいと思ったのは、この「四畳半」空間の作品が公募された際、248点もの応募があったこと!

国内・国外の著名な建築家やアーティストが、企画の趣旨に賛同し、あるいは面白がっているんだなぁと感じました。

「四畳半」の空間はただの展示物だけではなく、お酒が飲めたり、鳥獣被害対策を考えたり、美容室だったりサウナだったりと、日々の営みやイベントが行われていて、会場が仮想の「村」になるのです。

 

そして、この企画がさらに面白いところは、会期だけに留まらず、中心市街地に広がっていく可能性があること。

「これは最小単位の提案で、ここからなんでもできる」と北川フラム氏はおっしゃっていました。

十日町中心市街地は、まだまだ頑張っている方だとおもいますが、正直閉店するお店も増えシャッターが目立つようになってきました。

空き店舗に四畳半の世界が広がれば、日本中見渡しても珍しい面白い商店街になることでしょう。

なかなか一筋縄ではいかないと思いますが、いい方向になっていくことを期待しています!

 

どうやって楽しむといい?

大地の芸術祭2018」では、新作旧作あわせてなんと378点の作品が展開されます!!

有名な作品は基本有料なので、いくつか周るのであればパスポートを購入するのがおススメ。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20180619211836j:plain

 一般は前売りが3000円、会期が始まると3500円なので、早めに購入するのが良いでしょう!

 

そして、作品は東京23区よりも広い越後妻有のフィールドに点在しているので、やっぱり車で移動できた方が楽です。

が、車の運転が不安な方、初めて越後妻有を訪れる方は、オフィシャルツアーをぜひ申し込んでみては?

www.echigo-tsumari.jp


主要な作品を巡り、しかもツアーだけの特別なランチを食べられるコースもあるので、地元の方にも良いと思います!

 

アートに興味がなくっても! 一度来てみて!

とはいえ、「アートに興味なんてないし…」というそこのアナタ!

興味がなくたっていいんです!笑

 

芸術祭を訪れた方のアンケートで、芸術祭の良かったことの上位3つは、実は

・地元のひとと話すことができたこと

・地元の料理を食べられたこと

・地元のお祭りに参加できたこと

なんだそうです。

 

芸術祭というビッグイベントを盛り上げようと、またはあやかろうと笑、多くの地元の人間がおもてなしをしたり、商品を売ったりしています。

旅好きな方、ひととの出会いが好きな方、美味しいものが好きな方、アートに興味がなくっても越後妻有の一夏の祭典を楽しめること間違いなし!

 

そして地元の人!!

行政は芸術祭に対しておおーきな投資をしています。

うがった見方かもしれませんが、楽しんでおかないと住民として正直損!

 

という訳で、泣いても笑っても、3年に1度の「大地の芸術祭」、ぜひぜひお見逃しなく!!

移住嫁ブログでも、どんどん情報を発信していこうと思います! 

 

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~

 

おばあちゃんちに来たみたいにほっこりできる「十日町ふれあいの宿 交流館」

皆さんは、旅行の宿泊先はどのように選んでいますか?
食事の質? 温泉? それともお手頃な値段?
ついつい紹介サイトの写真の雰囲気の良さで宿泊先を決めてしまう、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

 

どんな選択基準にしろ、日常を抜け出したせっかくの旅行、居心地のいい宿泊先を選びたいですよね。
今回は十日町に旅行に来た際にぜひ泊まってほしい、「十日町ふれあいの宿 交流館」さんをご紹介します!

落ち着いた雰囲気のお部屋で、旅の疲れを癒そう!

交流館は築40年の民家を改装した宿泊施設。
駅から徒歩8分の好立地も嬉しいです。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205813j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205754j:plain

 

どの寝室にもこだわりのふかふかベッドが2台。安眠できること間違いなし!

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205832j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205844j:plain

 

各部屋には味のある絵が飾られています。
交流館の関係施設、障がい者施設「ワークセンターあんしん」さんの利用者さんが描いた絵だそうです。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205850j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205853j:plain


とってもほっこりする絵ですよね。
ちなみに私のお気に入りは、「ピンチはチャンス!」の絵。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205900j:plain

 

部屋名の表札も、利用者さんが作成したものだそうです。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205917j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609205918j:plain


どんな方でも安心して泊まれるユニバーサルなしつらえ

お部屋もとても素晴らしいんですが、交流館の一番のおススメは、なんといってもこちらのお風呂!!

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210255j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210309j:plain

ゆったりとしたジェットバスを堪能することができるんです!

開放感ある窓からは、十日町河岸段丘を臨むことができます。

雪解け前に訪れたので、写真だと雪景色になっていますが、白いところは全て田んぼ!

今だときっと田植え後のさわやかな景色を楽しむことができると思います。

 

そして、館内はバリアフリー! どんな方でも気兼ねなく宿泊することができます。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210434j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210456j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210504j:plain

 

他にも、懐かしい気持ちにしてくれる囲炉裏。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210607j:plain

 

着物のまち十日町ならではのしつらえ。

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210626j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180609210634j:plain

 

細かなところへのおもてなしが行き渡っている、そんなお宿です。

大変人気なお宿なので、予約はお早目に!

なんと翻訳ツールもあるので、外国の方でも問題なしです。

十日町での旅の思い出がますます輝く「十日町ふれあいの宿 交流館」さん。おススメです!

 

十日町ふれあいの宿 交流館

所在地 :〒948-0073 新潟県十日町市稲荷町4丁目367-1

電話番号:025-752-3289 FAX番号: 025-755-5212

料金: 1室2名様ご利用時 おひとり様6,000円~

 ※お部屋のタイプや人数、繁忙期等により金額が異なりますのでお気軽にお問い合わせください。

HP:https://www.facebook.com/anshinkoryukan/

   https://www.airbnb.jp/rooms/19021525?tier_override=0&s=6pz82M5j

 

==============

 

ブログに関するお問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~

 

十日町でハード系パンを買うなら! 大人女子が集う「粉布shop」!

魚沼産コシヒカリの産地だからでしょうか? 十日町市はなぜかパン屋不毛地帯です。

くるみパンが大好き、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

 

とはいえ、デニッシュとクロワッサンを販売する「パン工房スマイルD」さんや、JA十日町「米粉パン工房米かりー」 さん、バリエーション豊富な「フレンドリー高橋」さん、そしてスーパーの中のベイカリーコーナー…と実はなくもないのですが、十日町の女性陣は口をそろえて、

十日町にはパン屋がない!!」

と嘆きます。

 

たしかに近隣の市に比べると、ハード系とか天然酵母とかちょっとこだわりのあるパンを置いた、常時やっている個人店がないかな、という印象はあります。

なので、年に数回行われるパンのイベントには、開始時間前から長蛇の列ができるほど。

 

日本で一番パンを食べるのが意外にも京都であるように、魚沼産コシヒカリの産地・十日町に住んでいるといえど、おいしいパンが食べたい!!

そんなパンに飢えた十日町のパン好き女子が集うのが「粉布shop」。

月に一度、住宅街にぽっかりと現れる素敵空間にお邪魔してきました!

f:id:yukifurusatonoyome:20180512211922j:plain

 

大人女子のほっこり癒し空間!

4~7・10・11月の第2土曜日に開かれている「粉布shop」。

道の駅クロステンの向かいの細い坂を下りていくと、かわいい看板がありました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203719j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203721j:plain

看板通り小道を通って奥に進みます。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203726j:plain

すると、緑に囲まれた素敵な空間にたどりつきました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203919j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203939j:plain

気分は「秘密の花園」(読んだことないけど)。心がわくわくと浮き立ってきます。

 

焼き立てのパンって、なんであんないいにおいなんだろう

屋内では、パンやケーキ、お惣菜が売られていました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203754j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203748j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203850j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203843j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203904j:plain

うーん、どれにしようか迷っちゃいますね!

 

お昼時に行ったので、ブドウパンとメンチカツをいただきました。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203839j:plain

私は軽い顎関節症なので、ハード系のパンはあまり食べないのですが、こちらのパンは外はカリっと中はふわっとなので、とっても美味しかったです♪♪

 

パンは続々と焼いているようで、焼き立てのパンが来ると幸せなにおいが楽しめます♡

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203820j:plain

パンは「粉布shop」以外でも、予約すれば買うことができるそうです。

道の駅クロステンで販売していることもあるそうですよ。

 

雑貨販売やフリーマーケットでお気に入りを探しても◎

「粉布shop」ではパンやケーキ以外にも、ハンドメイド作家さんが出店していたり、フリーマーケットがあります。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203730j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203735j:plain

 

中にはこんな珍品も!?

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203741j:plain

蓋には穴があいていて、底は開くようになっている、謎の木箱です…。

みんな「これは何に使うんだろう?」と手にとるそうですが、誰も用途が分からないそうです(笑)。

本当に謎です。誰か分かる方、教えてください(笑)。

 

 屋内には、本もズラリと。

f:id:yukifurusatonoyome:20180512203928j:plain

読み始めたら止まらなくなりそうな本やフリーペーパーたち。

コーヒーとケーキでお茶しながら、読書も素敵ですね☆

 

気さくなお姉さまたちが切り盛りしている「粉布shop」。

ぜひ訪れてみてください!

 

「粉布」shop

十日町市本町6-3
キナーレから徒歩1分。信号機を渡り横道に入って右手1軒目の小道の奥(わからないときはお電話ください)

<2018年のスケジュール>

6月9日(第2土曜日)
7月14日(第2土曜日)
8月・9月は お休み
10月13日(第2土曜日)
11月10日(第2土曜日)

時間 10:00~15:00

 

予約のパンは、火・水・金・土 10時~17時

ご予約は080-1023-7482(佐藤)

粉布 Facebookページ

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~