きもの職人の技に見惚れる!「十日町きものGOTTAKU」参加レポ(前半)

ご無沙汰しております! 雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

なんとなくブログから遠ざかってしまっていましたが、ネタと書く気持ちの余裕ができたので、書きます!!(意気込み)

 

5月16~19日、十日町では「~職人探訪~十日町きものGOTTAKU」が開催されました。

きものの総合産地である十日町にある、きもの工場を見学できるイベントです。

 

去年から始まったイベントで、私は縁あってモニターツアーに参加させてもらったのですが、本番は別の用事があったので行けず…。1年越しに参加することができました!

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

移住女子友達と、土曜日の午前午後に一社ずつまわりました。

今回は午前中にまわった「柏田屋(かしだや)」さんについてレポります☆

f:id:yukifurusatonoyome:20190520210842j:plain

 

伝統的な手描き友禅が見学できる柏田屋さん!

柏田屋さんは、草木由来の染料で「手描き友禅」と「引き染め」のきものを作っている会社さん。

最初に通されたお部屋には、染料となる草木の紹介コーナーがありました。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520210845j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20190520210850j:plain

草木の染料は独特の色合いがあっていいですね。

 

きものができるまでの工程を簡単に説明すると、

下図を書く 

⇒生地に下図を写す 

⇒彩色をする(手書き) 

⇒蒸す(染料を生地に付着させるため) 

⇒柄の上に、糊をのせて防染する 

⇒全体的な色を染める(引き染め) 

⇒乾燥・蒸す・水洗い・仕上げ・修正

という感じです。(ちょーざっくり)

 

といっても、実際に見てみないとどんな作業が分からないですよね(んだんだ)。

見学した工程を、写真とともに紹介します!

 

柏田屋の手書き友禅は、一点ものの作品づくり!

まず見せてもらったのは、下図を写した生地。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520210857j:plain

下から光をあてて透かし、図案通りに生地に手で写していきます。

この青い線は全て手で書いているんです!! それだけでも気が遠くなる作業です…。

 

次は、手描き(絵付)の様子です。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520210948j:plain

色数が鬼のように多いです。。。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520211002j:plain

 

職人さんは難なく色をつけていますが、ちょっとでもはみ出したらと思うと、手が震えちゃいます…。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520210918j:plain

色を塗ったり、ぼかしをしたりという作業を、1枚の反物に1人の職人さんが全て行います。

見た目はなんだか、大人の塗り絵を思いおこさせます。(絶対に失敗できない塗り絵…)

 

柏田屋さんでつくっている着物は、ひとつとして同じものがないんだそうです。

同じ図案を使うことはあるそうですが、色が違うとのこと。

友禅を「作品」と呼ぶのが理解できますね。

 

そして絵付けした部分の上に、糊をのせます。この黒っぽい部分が糊です。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520213816j:plain

こうすることで、この後の工程で全体的に色を染めても、糊をのせた部分が染まることがないそうです。糊は、水洗いをすると落ちるとのこと。

 

友禅というとお花やクラシカルな図案のイメージですが、こんなモダンな図案のきものもあるそうです。糊置きした反物の、裏を見せてもらっているところ。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520213827j:plain

こういう絵柄のきものも可愛いですね!

 

美しいきものは、過酷な環境からうまれる

階を移動して、引き染めの工房を案内してもらいました。

職人さんがいなかったので作業の様子は見られませんでしたが…。

引き染めとは、文字通り「引っ張り」ながら「染め」ていくので、そう呼ばれているのだそうです。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520214528j:plain

工房は、湿度を一定にするため床に水が張っていて、乾燥してムラが出ないよう窓を開けられません。

もちろん空調も入れられないので、夏は暑く、冬は寒いんだそう。なかなか過酷な現場ですね…。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520214611j:plain

きものは職人さんの汗の結晶なんですねぇ。

 

ちなみにこちらは、泥で染めた生地だそうです! かっちょいい!!

f:id:yukifurusatonoyome:20190520214620j:plain

 

意外と年齢を選ばない、草木染め友禅

最後に、きものの展示コーナーへ。やっぱり完成品をみるのはいいですねぇ。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520215424j:plain

そして工程を見ると、見る目が変わります。

こういう図案のすさまじい手のかかりようがね…! 理解できちゃう!

f:id:yukifurusatonoyome:20190520215450j:plain

 

そして、きものを羽織らせてもらいましたー!

渋い色味なので、ある程度年齢を重ねてないと似合わないかなぁと思いきや、20代女子(友人)でも可愛らしく着こなせちゃいます。

f:id:yukifurusatonoyome:20190520215502j:plain

こういう帯が似合いますよー。なんて。あら素敵!

f:id:yukifurusatonoyome:20190520215515j:plain

まぁ、自分ではとても手が出せませんがね!!

と、じっくり1時間ほど見学させていただきました。

私たちがお邪魔した回は定員10名のところ、2組6人だったので、詳しく説明していただいたり、随時質問できて、とても濃い見学ができました!

柏田屋さん、どうもありがとうございました^^



==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~

 

十日町市の居酒屋で、ちょい飲みはしご酒☆

皆さん、お酒は好きですか??

お酒が好きな方はきっと一度はしてみたいと思ったことがあるでしょう!

テレビ番組でよく見る「居酒屋はしご酒」!!

さすがに朝まで…ではないですが、そんな夢を先日かなえてきちゃいました☆

 

ちょい飲みセットではしご酒!

でも居酒屋を何軒もまわると、お金も時間もかかっちゃいそう…。

そんな不安をお持ちのお嬢さん…

心配ご無用です!!

 

現在十日町では、期間限定でワンドリンク&オススメ料理セット、その名も「ちょい飲みセット」が楽しめるんです!

そのお値段、なんとポッキリ1000円!!

中心市街地の28店舗で、気軽にお酒が楽しめちゃうんです。

「ちょい飲み」で色んなお店を回ってほしいという企画なので、短い滞在時間でお店をお暇しても罪悪感なし☆ 限られた時間で何軒もまわれます!

 

そんなお得な情報を見逃さないお酒好き移住女子3名で、夕方6時から「ちょい飲みツアー」スタート~~~!!

 

1軒目 きっちん愚留米(ぐるめ)

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204316j:plain

まず1軒目は、おしゃれな洋食屋さん「きっちん愚留米(ぐるめ)」。

時々ランチに来たことはありましたが、お酒を飲むのは初めて!

 

「きっちん愚留米」のちょい飲みセットはこちら☆

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204603j:plain

お料理は、きのこのキッシュ、カキのクリームコロッケ、ありた鶏の生ハムの三種盛り。

ドリンクは生ビール、クラフトビール、グラスワイン、スパークリングワイン、角ハイボールから選べました。(ソフトドリンクもOKみたいです)

 

1軒目から、これで1000円なの!?!? というクオリティー

クラフトビールやワインも頼めるのが嬉しい♡ということで、私は「東京ホワイト」というクラフトビールをチョイス。

お料理も文句なしに美味しいし、ビールも美味しい♡

 

メニューの美味しそうなお料理も気になるところだけど…。

それはまた今度にすることにして、滞在時間約40分でさくっと次のお店へGO!

 

2軒目 ぜあみおはし処

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204333j:plain

2軒目は、きっちん愚留米から徒歩3分の「ぜあみおはし処」。

今回はしごしたところで、私が初めて行く唯一のお店です。

聞いたところによると、少し前にスナックから居酒屋にリニューアルしたそうです。

 

可愛いオランウータンがお出迎え♪

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204407j:plain

 

「ぜあみおはし処」のちょい飲みセットはこちら!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204345j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204350j:plain

青菜のおひたし、生揚げ、ごぼうの唐揚げの三品。

 

ドリンクは、生ビールや熱燗、酎ハイなど種類いっぱい!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128212610j:plain

私は梅酒をオーダー! 金箔入りでちょっとテンションあがる笑。

 

約1時間いて、波に乗ってきたところで次のお店へ!

 

3軒目 だいにんぐ遊らく

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204525j:plain

3軒目は、徒歩5分くらいの「だいにんぐ遊らく」。

私の勝手な印象では、若者が集う店。

隠れ部屋的な個室に案内してもらいました!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204528j:plain

はい、連れふたりもいい顔色になってきていますね笑。

 

「だいにんぐ遊らく」のちょい飲みセットはこちらー!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204537j:plain

サラダ、エビの塩焼き、牛すじ煮(た、多分…笑)、漬物。

ドリンクは何頼んだのか忘れました笑。このあたりから酔いがまわってきて、記憶あいまい笑。

 

個室の居心地が良くてまったりしましたが、まだまだはしごしたい!と滞在時間約1時間でネクスト~☆

 

移動タイム

ところで、ある人によると十日町は人口比に対しての居酒屋の数が、なんと新潟市よりも多いんだとか!?

真偽のほどは分かりませんが、確かに市街地の居酒屋軒数はハンパないです! そしてどこも美味しい! 密集しているので、はしご酒にはもってこいです!

 

そして十日町はスノーシーズンまっただ中ですが、表通りはアーケードになっているので傘いらず!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204520j:plain

路地も消雪パイプがあるので、移動が楽チンです。

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204517j:plain

 

ちょい飲みセットを提供しているお店の多くは、十日町駅から徒歩10~15分圏内なので、電車で市外から来るのも楽しいと思います!

 

4軒目 モダン食堂KICHI

さて4軒目は、「モダン食堂KICHI」!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204544j:plain

こちらも若者が集まる、無国籍な雰囲気のお店です!

 

「モダン食堂KICHI」のちょい飲みセットはこちらー!

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204608j:plain

ぴり辛ダレの冷ややっこと、唐揚げ。

f:id:yukifurusatonoyome:20190128204555j:plain

〆にちょうど良く、マルゲリータピザ!(ちょい辛!)

だいぶ酔いが回ったので、最後はジンジャーエールにしました~。

 

ここで女子トークがさく裂し、気づけば友人の終電時間間近…。

後ろ髪ひかれつつ、はしご酒終了の鐘がなったのでした。

 

Let's ちょい飲みはしご酒!

今回4軒はしごして、改めて十日町の居酒屋さんの層の厚さを実感!

ちなみに個人的には、料理では「きっちん愚留米」、居心地の良さでは「だいにんぐ遊らく」が好きでした。

でもまだ行けなかったお店もたくさんあるので(何せ参加店舗28軒!)、ぜひまた「はしご酒」したいと思います!

 

ちょい飲みセットは、2月14日まで! 気になった方は、ぜひちょい飲みはしご酒してください☆

 

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~

 

2018年どんな年だった? 2019年どんな年にしたい?

皆様、年末いかがお過ごしでしょうか? 雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

雪国十日町には珍しい、雪の少ない年越し。年末年始は帰省せずに十日町で過ごすのが通例なので、ゆるゆると掃除をしたり溜まった録画を見たりして過ごしています。

さて2018年も今日で最後ということで、1年の振り返りをしたいと思います!

お付き合いいただけると幸いです。

 

2018年はどんな年だった?

2018年、十日町に移住して8年目を迎えた年。

私にとって大きな出来事が3つありました。

1つ目は、今までのNPO地域おこしの仕事に加え、地域自治組織の仕事を始めダブルワークになったこと。

2つ目は、「大地の芸術祭」。

f:id:yukifurusatonoyome:20180619211836j:plain

3つ目は、ブログで書くのは初めてですが、ウサギを飼い始めたことです。

f:id:yukifurusatonoyome:20181231172855j:plain

ひとつひとつ振り返っていきます!

 

点から面の地域おこし

f:id:yukifurusatonoyome:20181231204217j:plain

4月から、中条飛渡地域協議会という地域自治組織の事務局の仕事を始めました。

この仕事の話が来たのは、本当に青天のへきれき!という感じでした。

驚くと同時に、やってみたい!私ならできる!という気持ちになりました。

活動しているのは飛渡地区の池谷集落ですが、実際に住んでいるのは隣接する中条地区なので、移住以来お世話になっている飛渡地区と住んでいる中条地区のどちらにも貢献できる仕事だ、とワクワクしました。

夫やNPO地域おこしの仲間に相談した上で、喜んで引き受けさせていただきました。

 

2つの仕事を掛け持ちすることは慣れるまで少々大変でしたが、挑戦して本当に良かったです。

いわば池谷集落という「点」の地域おこしから、地区全体の「面」の地域おこしに広がることができたのかな、と感じます。

点は点の、面は面の、それぞれ違うやり方や得られる情報があり、地区の方たちとの新しい出会いやより深い関わりができ、相乗効果の働き方ができてやりがいがあります。

 

ついつい黙っていられない性格なので、嫁いできた新参者のくせして色々と生意気なことを言っているなと、自分でも思う時がありますが(笑)、「みかちゃんが嫁に来てくれてよかった~」と寛大に受け止めてくださる地区の皆さんのおかげで、本当に助かっています。

これからの社会情勢の中で、地域に求められる役割は増えてくるかと思うので、より住みやすく、住んでいる人が幸福になれる地区を目指して、頑張っていきたいです。

 

やりきる自信を持てた「大地の芸術祭

f:id:yukifurusatonoyome:20180711221723j:plain

十日町市とお隣の津南町をフィールドに、3年に1度開催される「大地の芸術祭」。

新しい仕事を始めたおかげで、芸術祭アーティストのエマ・マリグさんの受入れに関わることができました。

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

それがきっかけで、「大地の芸術祭」により深く興味を持つようになり、そして後半から怒涛の追い上げをして約380点の作品を全て見て回る、「コンプリート」を達成しました!

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

とても飽きっぽくて、何かを成し遂げたという経験が今までなかった私。

でも一時は無理だと思っていた芸術祭のコンプリートを達成することで、「私もやればできる!」という自信を持つことができました。

この経験は本当に何にも代えがたいものだと思います!

 

生活の変化を与えてくれたウサギ

そして、11月末にウサギ(ネザーランドドワーフ)をお迎えしたのも、大きな出来事でした。

結婚して丸5年、お互い自由気ままにくらしている私たち夫婦。

生活が安定している分、子どもは欲しい反面、子どもができることで自分の生活が変わってしまうことへの不安もありました。

でもそんなことも言っていられないし…どうしたものか…と思い、まずはペットを飼って練習(という言い方が正しいかは分からないですが)しようと思いつきました。

 

しかし、私はペット飼育経験が中高校生時代のハムスターだけだったので、犬や猫はちょっとハードルが高い…。しかしハムスターだと物足りない…(ハムスターも大好きですが)。

と悩んでいたところ、旅行先でウサギの抱っこ体験をしました。

f:id:yukifurusatonoyome:20181231210519j:plain

そうしたら、その時のウサギの可愛さがずーーーーっと頭から離れず笑。

もうこれは飼うしかない!!!! と決断し、ネットでウサギ専門店を探し、お迎えすることに。

f:id:yukifurusatonoyome:20181231212609j:plain

飼い始めて1ヶ月、色々な不安が嘘だったかのように、すっかりウサギ中心の生活に変わりました!笑

特に動物好きの夫のメロメロ具合はハンパなくて、毎日帰宅後はケージの前に横たわって、ずーっとウサギを眺めています。

その様子を見て、「きっと子どもができたら子煩悩パパになるんだなぁ…」と、予想以上に育児のシミュレーションができている気がします笑。

 

2019年はどんな年にしたい??

さて、2019年がやってきます! 新しい元号が始まる特別な年。

どんな年になるでしょうか? どんな年にしましょうか?

2018年は変化が多かったので、2019年は「深める」「つなげる」をテーマに頑張りたいと思います。

今年築いた自信を来年につなげて、今までやってきたことも新しく始めたこともより深化させる。そんな年にしたいです。

 

今年1年、お付き合いいただき本当にありがとうございました!

来年もどうぞお付き合いのほど、よろしくお願い致します!

 

 

==============

お問い合わせ・ご依頼はメッセージフォームから、どうぞお気軽に!

お問い合わせ - 雪ふるさとの移住嫁 ~ゆるゆる田舎ぐらしと、時々地域おこし~