雪国の人はどう暮らしているの? 生活における雪対策!

全国ニュースでも取り上げられるくらい、新潟市の方は雪がすごかったようですね。

さぞ十日町も雪がすごい…と思いきや!!

殿、青空でござる!!

f:id:yukifurusatonoyome:20180112221709j:plain

今回は典型的な、平野部に雪が降る「さと雪」で、普段雪が降る十日町周辺は全然雪が降っていないという天気でした。

大変なのはわかっているけど、雪やべーってなっている平野部の人たちがちょっとうらやましい、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

やっぱり雪国に雪が降らないと、経済が回らないですからね…。来月には雪まつりもあるし。

 

さて、前回は雪国の道路事情についてご紹介いたしました。

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

道路といったインフラの雪対策は、行政のお仕事。では、雪国に住んでいる人たちの生活では、どんな雪対策があるのか?を今回ご紹介したいと思います!

 

雪国の大事な足! 車の雪対策

f:id:yukifurusatonoyome:20180109225212j:plain

まずは生活必需品、車から!

車の雪対策は、なんといってもスタッドレスタイヤスタッドレスにしていないと、スリップしたり坂道が登れないなどとっても危険です。

十日町市では11月中には初雪が降るので、それまでにタイヤを履き替えます。

私は自動車屋さんにお願いしてタイヤ交換をしてもらっていますが、自分で替える人も多いようです。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20180112222443j:plain

それから、車の上に積もった雪を落とすのに必要なのがスノーブラシ。冬の間は、車にスノーブラシとスコップを常備しておくのが、雪国人の常識です。

去年の私みたいに、ハマったりすると大変ですから…汗。

積もっている雪が少しでも、油断をしてはいけません。ちょっとブレーキを強く踏んだだけで、屋根から雪がズザザーっとすべり落ちてきて、視界を一瞬でふさぎます。

めっちゃ焦るし、すごく危険ですから、そうならないように除雪は大切です。

 

あるとないとじゃ大違い!「雪囲い」

雪国でしか見られない、雪対策と言えば「雪囲い」。建物の窓や立木などを雪から守るためにつける、板のことです。

f:id:yukifurusatonoyome:20180109230022j:plain

取り付け方は簡単。窓枠に雪囲い用の金具がついているので、そこに板をはめるだけです。

多い時は建物の1階が埋まるほど雪が積もるので、雪囲いをしていないと雪に圧迫されて窓が割れてしまいます。地味ではありますが、建物を守るためには大事な対策です。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20180109230138j:plain

雪囲いは、立木にもします。立木を雪から守るというと、金沢の兼六園で行われる「雪吊り」が有名ですが、十日町市の場合ロープだけではとても木を雪から守れません(笑)。

風情は全くないですが、がっちりと板で木を囲って守ります。

雪降り前になると、シルバーセンターの方などにお願いして作業してもらうそうです。

 

雪おろししなくて楽チン! 落下式屋根 

f:id:yukifurusatonoyome:20180112224346j:plain

除雪作業の中でも一番大変なのは、屋根の雪下ろしです。除雪作業中の事故は、屋根からの落下そして除雪機に関わるものがほとんど。

なので雪おろししなくて済むよう、雪国での新しい住宅は、3階建て(1階は車庫)で屋根が落下式、というものが多いです。

我が家も落下式屋根で3階の部屋に住んでいるので、雪が多い日は「ズズズ…ドササササーッ!!!」と豪快に雪が落ちる音を楽しめます笑。

それから、車や農業機械を入れる車庫の屋根は丸く、「かまぼこ車庫」と呼ばれています。少し先がとんがっているバージョンもあります。

雪国では、こういう建物の違いを楽しむこともできます。

 

こんな風に、雪国での暮らしは雪に対する知恵にあふれています。

雪国に住んだらどんな風になるかな…と不安に思う方は、ぜひ雪がすごい1~2月の時期に訪れてみてください。百聞は一見にしかず! 想像とは違った発見があるかもしれませんよ。

 

雪国の道路はどう除雪している? これでもか!の雪対策

3連休があと1日なのが信じられません…。雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。

1月になって、いよいよ雪のシーズンが本格化してきました。

先日のブログで、お隣・南魚沼市に移住予定の方の素朴な疑問にお答えしました。

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

その中で、雪ってどれくらい大変?という質問がありました。

やはり十日町市南魚沼市がある中越地域は豪雪地帯という特殊な環境ですから、移住してくる人にとっては不安ですよね。 

 

しかし、過剰な心配は不要です!

なぜなら、雪国ではこれでもか!というぐらいの雪対策がなされているからです!

今回は、雪国での道路事情についてご紹介したいと思います。

 

水の力で雪を溶かす! 消雪パイプ

f:id:yukifurusatonoyome:20180107212747j:plain

まずは、消雪パイプ。国道など交通量が多い道路に主に設置されています。

地下水などを汲み上げて、降雪があると自動で水が出され雪を消します。消雪パイプがあると、雪が積もらないので運転も楽々です。

道路以外でもスーパーの駐車場などでも設置されています。

なので、冬の間は駐車場は水浸し(笑)。パンプスなんて履いてたら大変なことになります。冬のおでかけは、長靴が安心ですね!

ちなみに、時々勢いのあるパイプがいて、油断すると足にかかったりするのが雪国あるあるです(笑)。

 

いつもお世話になってます! 除雪車

f:id:yukifurusatonoyome:20180107213947j:plain

消雪パイプがない道路には、除雪車が入ります。主に地元の建設会社が行政から請け負って、除雪を行っています。

除雪車も種類が様々あり、大型のものが「ブル」、中くらいのが「ロータリー」と呼ばれています。他に歩道用の除雪車もあります。

池谷集落にあがる山道で「ブル」に出会うと、「風の谷のナウシカ」の「オーム」を思い浮かべます(笑)。

雪が降れば早朝から除雪車が出動し、通勤前に除雪をしてくれます。

除雪したての道路はツルツルしていて滑りやすいので、歩行や運転には細心の注意が必要です!

 

住宅密集地の味方! 流雪溝

道路というか、歩道の範囲かもしれませんが…。

中心市街や住宅地の人は、除雪した後雪を置いておける場所がないので、流雪溝(りゅうせつこう)といういわば側溝に雪を捨てます。

流雪溝に水が流れる時間帯は地域によってあらかじめ決まっているので、その時間帯になるとみんな家から出てきて、一生懸命除雪作業を行っています。

その様子を見ると、雪国の人は本当に勤勉で真面目だなぁ、となんとなく誇らしい気持ちになります。

 

と、このように雪国の道路ではしっかりとした雪対策がされています。

なので生活に支障なく雪国では暮らしていけるんですね。

そのために日夜働いている方々に感謝をしつつ、車で移動する際は安全運転をこころがけましょう!

 

◆参考サイト◆

雪の国のおはなし/十日町市ホームページ

除雪(じょせつ)・雪おろし/十日町市ホームページ

 

小正月どこ行く? 十日町市の小正月行事をご紹介!

正月太りに戦々恐々としている、雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみか(@ijyuyome_yuki)です。脂肪が定着する前に痩せなければ…。

さて、豪雪地帯十日町市では、雪国ならではのイベントが盛りだくさんです。

今日は小正月時期(1月13~15日頃)に行われる伝統行事を中心に、ご紹介したいと思います! ぜひ小正月のお出かけの参考にしてください☆

 

行列必至!かわいいちんころが名物「節季市(ちんころ市)」

f:id:yukifurusatonoyome:20180106220446j:plain

1月10・15・20・25日に行われる節季(せっき)市は、私にとって外せない行事です。

諏訪神社に続く道沿いにお店や露店が並び、竹細工などの民芸品などが売られています。

中でも一番人気なのは、「ちんころ」という米粉で作られた小さな人形。ちんころを売るお店は何軒が出ますが、人気があるところはいつも長蛇の列で、午前中には売り切れてしまいます。

私のオススメは、神社近くにある「ちんころ屋」さんです。石臼で米粉をひくところから作っている、素朴でかわいらしいちんころがとにかくたまりません!! 朝から並んででも手に入れる価値ありです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開催日】毎年1月10日・15日・20日・25日 9:00~16:00頃
【場所】諏訪町通り (十日町駅より徒歩約10分)
【詳細】http://www.tokamachishikankou.jp/events/january/chinkoroichi/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

最後は燃やす!ダイナミックすぎる「バイトウ」

川西地域の大白倉集落伝統の小正月行事です。
雪の土台の上に、ケヤキとわらで作った「バイトウ」と呼ばれる小屋を作り、その中で酒盛りをします。そして、苦労して作ったバイトウに火をつけて燃やすという、なんともダイナミックすぎる行事。

私は数年前お手伝いに行ったことがあるのですが、燃やしているところは見ずに帰ってしまったので、今年こそ燃え盛っているところを見に行きたいところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開催日】1月14日(日) 午後5時~午後9時15分頃
     点火は9時頃(前後する場合があります)
【場所】 大白倉集落内
【詳細】http://www.tokamachishikankou.jp/events/january/ooshirakura_baitou/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

婿が宙を舞って、みんなで顔を汚しあう!?「婿投げ・墨塗り」

f:id:yukifurusatonoyome:20180106222245j:plain

こちらは、松之山地域の伝統の行事です。
2~3名の新婚さんが参加し、新婿を村の人たちが5メートルほどの高さから投げ飛ばすという、なんとも荒々しい行事。お婿さんが空を舞い、雪まみれになって転がり落ちる様は必見です。
婿投げの後は、さいのかみ(どんど焼き)が行われ、焼いた後の灰と雪を混ぜ合わせて「おめでとう」と言いながらお互いの顔に塗り合います。知らない人でも容赦ありません!でもそれが妙に楽しいんですよね~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開催日】1月15日(月) 婿投げ 午後2時頃~ 墨塗り 午後3時頃~
【場所】 松之山温泉薬師堂
【詳細】http://www.tokamachishikankou.jp/events/january/mukonage_suminuri/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大人も子どもも楽しめる!「さいのかみ・はねっけぇし」

f:id:yukifurusatonoyome:20180106224600j:plain

飛渡地区新水(しんずい)集落の小正月行事で、十日町市無形文化財に指定されています。
特徴は、なんと言っても「さいのかみ」(どんど焼き)の後に行われる「ハネッケーシ」。昔の雪かき道具「コシキ」を羽子板代わりに、輪になって羽根付きをする遊びです。羽根を落とした人は、周りから雪をかけられるというペナルティーも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開催日】1月14日(日) 14時点火
【場所】飛渡地区新水集落内
【詳細】http://www.tokamachishikankou.jp/events/january/hanekkeishi/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨年作成した動画もあるので、ぜひ見てみてください☆


巨大羽根つき!「はねっけぇし」(新潟県十日町市飛渡地区新水集落)

 

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

小正月と言えば! どんど焼き・鳥追い

f:id:yukifurusatonoyome:20180106224825j:plain

そして、小正月行事の定番と言えば、「どんど焼き」。十日町市内では、集落・町内単位でどんど焼きを行っています。

竹やワラを積み上げ、燃やして無病息災・五穀豊穣を願います。熾火になるとモチやスルメを焼いていただきます。

他に、子どもがやる行事として「鳥追い」があります。夜に「鳥追い唄」を歌いながら町内を歩きまわります。昔はほんやらどう(かまくら)を作って、その中で餅を焼いて食べたりしていたそうです。

少子化で鳥追いをやるところは少なくなったように思いますが、私が住んでいる町内では青年会主催でまだ開催しています。子どもが集まってわいわいできる、楽しい行事です♪

yukifurusatonoyome.hatenablog.com

 

以上、十日町市で行われている小正月行事でした!

13~15日に行われるものが多いので、どの行事に行こうかいつも悩みます笑。

今年は去年よりも雪が多いので、どれも見ごたえがあるものになりそうですね!

ぜひ十日町の冬を感じに、おでかけくださいね!