読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明治開業!日本最古級の映画館「高田世界館」に行ってきた!

雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみかです。

先週末は足をのばして、上越市高田にある日本最古の映画館の一つ「高田世界館」に行ってきました。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170521222841j:plain

 

私が高田世界館を知ったのは、NHKの「U-29 人生デザイン」という番組でした。

www.nhk.or.jp

当時27歳だった高田世界館の支配人・上野迪音(みちなり)さんに密着し、彼がひとりで世界館を切り盛りする様子、お客さんを集めるための努力、映画への情熱、周りの友人たちが一般企業で働くのを見て葛藤する心うちを伝えていました。

私も地域おこしという、なかなか成果が目に見えにくいことをなりわいとしているので、同世代ということもあり上野さんのことが他人とは思えず胸が熱くなりました。

「いつか高田世界館に行ってみたい…」と思いつつ、ようやく今回行くことができ感無量でした。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170521223600j:plain

 

昔の街並みの面影が残る雁木(がんぎ)通りを歩いていくと、ひっそりと世界館はあります。

雁木通りから伸びる小道を行くと、入り口が。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170521223808j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20170521223814j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20170521223821j:plain

 

世界館は1911年(明治!)に開業した、日本最古級の映画館です。

玄関には、「登録有形文化財」と「近代化産業遺産」のプレートがありました。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170521224208j:plain

 

外観も大変レトロです。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170521224720j:plain

 

この看板とか、たまらんです…。歴史を感じます。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170524212350j:plain

 

中に入ると受付があり、チケットを買えます。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170524212547j:plain

 

ロビーには、上映中・上映予定の映画のチラシがいっぱい。

どの映画も面白そうで目移りしてしまいます。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170524212553j:plain

 

さて、いよいよ劇場の中に入ります!

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170524212754j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20170524212759j:plain

 

重厚感あふれる内装に、思わず息をのんでしまいました。

メディアでよく見ていましたが、舞台が結構広いな、とか(開業当初は舞台小屋だった名残だそうです)、ちょっと薄暗い感じがまた雰囲気があっていいな、とか実際に見てみると発見がいっぱいです。

 

上映まで少し時間があったので、2階席もあがってみました。

f:id:yukifurusatonoyome:20170524213126j:plain

 

2階にあがると、めっちゃテンションあがりました!

ヨーロッパの古い教会のような雰囲気があり、本当に見惚れてしまいます。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170524213316j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20170524213354j:plain

 

椅子には一つ一つ支援者の名前が付けられていて、見ていくと有名な俳優さんの名前もありました。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170524213500j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20170524213505j:plain

 歴史ある高田世界館が、大勢の人から愛されている証拠だと思います。

 

そうこうしているうちに、映画が始まる時間になり席につきました。

今回私が見たのは、「風の波紋」という十日町市松之山地域にある中立山(なかだてやま)集落に住む小暮さんを中心としたドキュメンタリー映画

この日だけの限定上映だったんですが、その理由は映画が始まる前に上野さんから説明がありました。

 

なんと、この日の次の日に上野さんご自身の結婚式を高田世界館であげられる予定で、一番思い入れのある映画を上映することにしたんだそうです。

上野さんと奥様が前に立って、「明日、結婚式します」と言うと客席から拍手が起こり、その温かい瞬間に立ち会えて本当に幸せでした。

なんでも奥様は世界館のボランティアとして来られた方だそうで、その出会いにもほっこり(*´ω`*)

 

「U-29」の中で、思うように観客が集まらず「どうしたらいいのか分かんねぇ」と一人でもがいていた上野さんが、人生の伴侶を得て多くの人から祝福を受けていたのを見て、私も我がことのように嬉しく感じました(一方的ですが…笑)。

 

どんな歴史があるものでも、誰かが一生懸命守らないと続いていかない。

そういう意味で、世界館を守る上野さんと、池谷集落に関わる私はなんだか同志のような気持ちになるんだと思います(本当、一方的ですが…笑)。

 

上野さんご夫婦の結婚式は、世界館に集まった満席のお客さんに祝福され無事に終わったそうです。

今後も世界館のファンとして、上野さんと高田世界館のご活躍を見守っていきたいなと思います!

 

高田世界館【公式サイト】 | 今年で106歳!現存する日本最古級の映画館。明治期の洋館の佇まいやレトロな映写室が見所です。@新潟県上越市

 

気になっていたのは私だけじゃないはず! 下条の「ふくろう焼き」

雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみかです。

今日は仕事がお休みの日で、午後から人と会う予定がありました。(仕事は、週4日で働かせてもらってます)

そこでふと思いつき、前々から気になっていたあるモノを手土産に買いに行きました!

 

国道117号線沿いを走っていると、下条地区で「ふくろう焼き」と大きく書かれた看板が立っています。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170519204040j:plain

f:id:yukifurusatonoyome:20170519203611j:plain

 

とにかく目立つこの看板。

「ふくろう焼き」とはなんぞや?と気になりつつも、立ち寄るまでいかなかったのですが…。

今日、一念発起してお店に行きました!

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170519204240j:plain

 

窓口すぐに置いてあった、「つぶあん」と「白つぶあん」を購入しました。

他に、こしあんもありました。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170519204421j:plain

 

「ふくろう焼き」のネーミングから、人形焼きみたいなものをイメージしていたのですが、実際に食べてみると生地がモチモチして、どちらかというと大福のようでおいしかったです。

一緒に食べた方も「気になってたんだよね~!」とおっしゃっていたので、買って良かったです(*^▽^*)

 

調べてみると、今回私が買ったのは「白いふくろう焼き」で、「ふくろう焼き(茶色)」というのもあるみたいです。

(窓口の横にあった、保温ケースの中にあったのかな…?)

きっと、茶色の方が人形焼きみたいな感じなんでしょうね!

 

白つぶあんは日によってあったりなかったりするみたいです。

他にカスタードクリームやチーズクリームなどの種類もあるそうですが、こちらも日によって替わるみたいです。

確実に欲しい方は、予約もできるようですよ。(受取日2日前までに連絡とのこと)

 

十日町商工会議所の会報によると、ふくろうは縁起物の鳥ということで、「ふくろう焼き」を食べた人に幸せが訪れるようにとの想いがあるそうです。

そしてなんと、開発に2年をかけたとのこと!

おいしさの裏には、そんな努力があったんですね…!

十日町商工会議所の会報はこちら

http://www.tokamachi-cci.or.jp/page_news/news201601.pdf

 

今度は茶色いふくろう焼きを食べてみたいと思います!!

 

今年も見られるか? 100年以上続く絶景「田毎(たごと)の月」が美しい!

雪ふるさとの移住嫁こと、ふくしまみかです。

今日は、日本全国ここだけかも!?な景色について書きます。

 

それは、飛渡(とびたり)地区三ツ山(みつやま)集落で見ることのできる「田毎(たごと)の月」です。

「田毎の月」とは、田植え前の水をはった棚田に満月が映り込む絶景のことで、江戸時代から俳句に詠まれています。

近年の棚田の荒廃で、今でも見ることができるのは非常に珍しいそうです。

 

ではなぜ、飛渡地区で見ることができるのか?

話は100年以上前にさかのぼり、当時集落のまとめ役だった人が町に行った帰りに、偶然見つけたんだそうです。

「田毎の月」が見られる場所は山の上なんですが、当時は山道が道路だったわけですからね。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170517222900j:plain

▲月が映る棚田

 

それから、大正時代ころまで「田毎の月」を目当てに見物客が来て、露店まで出る賑わいだったそうですが、戦争や道路ができたことで山道が荒れたりして、「田毎の月」観月会の歴史は途絶えてしまったそうです。

しかし、30年くらい前に復活運動を地域の人が行い、登山道を整備したりして観月会は復活!

2004年の中越地震で登山道が崩れ、一時また中止になっていましたが、5年前から再度復活し観月会が行われています。

 

100年以上前から続く「田毎の月」が見られるのも、地域の人の努力があったからなんですね。

今でも「田毎の月を守る会」の皆さんが、草刈りをしたり田んぼの保全をしたりしているそうです。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170517223837j:plain

▲100年以上前に、「田毎の月」を発見した場所には記念碑が

 

昨年は5月21~23日が満月の日で、今までになく夜空が晴れわたり、最高に美しい「田毎の月」を見ることができました。

地域の方が「100年に一度のお月さま」とおっしゃるくらい、本当に幻想的で美しい光景でした。

 

f:id:yukifurusatonoyome:20170517224213j:plain

▲とにかく美しかったです!!

 

今年は、6月8~10日が「田毎の月」の日です。

今年も去年同様、美しい月を拝むことはできるでしょうか…? わくわくです。

 

観月会の詳細はこちら。

「田毎の月」観月会/十日町市ホームページ

 

「田毎の月」が見られるポイントまで結構急な山道をあがる必要があるので、歩きやすい靴は必須です。

そして、山の上はかなり気温が下がるので、暖かい服装で!(去年私は失敗しました…)

もちろん街灯などないので、懐中電灯も忘れずに!

「田毎の月」を発見してくれた方、守り続けてきてくれた方に感謝の気持ちを持って、観月会にのぞみましょう!

 

◎もっと知りたい方は、こちらの記事もあわせてどうぞ~!

 去年、「さとナビ」で書いた記事です。

 

www.tsukurou-tokamachi.jp

www.tsukurou-tokamachi.jp

 

www.tsukurou-tokamachi.jp